TOP >> レトロゲームの迷宮

【最新更新はスーパーロボット大戦W ゲーム動画を紹介するコンテンツもできました!


_迷宮へのいざない


皆さんは、ゲームに没頭した過ぎ去りし日々を覚えていますか?

貴重な青春を費やしたあのゲームの数々。
友人たちと手を取り合って泣いて笑ったあのシーン。
コントローラーを握る手に汗をかきながら熱中したあのボスキャラ。
それが今、レトロゲームの迷宮に再現!

ここでは最近やり始めたレトロゲーのレビュー&攻略をしてます。
一覧のなかから、ちょっとマイナーのイケてるゲーム、
突っ込みどころ満載のマイナーゲームをレビューしていきます。
懐かしい・・・というよりナニコレ?というゲームがかなりあるハズ。

実際にゲームをやりながら攻略/レビューをしていますので、
かなりゆっくりになりますが、長い目で見守ってやってください。

※優先して進めて欲しいものがあれば検討しますのでコチラまでメール下さい。
※質問、感想などは帝国掲示板に書き込んでください。
※下のタイトル画像をクリックすると、それぞれの詳細レビューページに移ります。
※当コーナーの著作権に関するサイトポリシーはコチラをご覧下さい。

掲示板一覧
投稿掲示板 :ファミ通のゲーム帝国を再現
ゲーム全般掲示板 :ゲームの攻略・雑談
帝国掲示板 :その他の話題はコチラ



ファミコン用 スーパー
ファミコン用
このゲームのレビュー/
攻略をサイト内で掲載
このゲームのBGMを公開中
↓五十音順に並んでいます。クリックすると各行の先頭に移動します。GBAやPSのものは最新ゲームで扱っています。

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 最新ゲーム
_ア行で始まるゲーム


アクトレイザー スーパーファミコン

2005/1/30 更新:アクトレイザー
おそらくSFCを持っている人でこのゲームを知らないヒトはいないでしょう。それくらいメジャーなタイトルです。しかし、この作品も最早10年以上の歳月が経ちました。ゲームの中身も忘れかけたころでもあり、いい機会だからレトロ迷宮で扱いますことにしました。


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :1999〜ほれみたことか!世紀末〜
爆笑人生劇場に倣い、二匹目のどじょうを狙ったゲームです。設定も陳腐だし、なぜこんなゲームが野放しになっているのか理解しがたいほどの出来栄えです。お金が余っている人にもオススメできません。



ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :1942
1942といえば、シューティングゲームの名作。太平洋戦争の連合軍側となり、日本海軍を次々と撃破していきます。見所は大戦艦相手の洋上戦。でも、他の19XXシリーズとあまり見分けがつかないんですよね。印象薄い?



ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :1943
1942の続編。この作品、1943改というものもあります。難易度がちょっと変わっているだけなので、ストUダッシュみたいなもんですね。最後は戦艦大和が待ち構えているので、覚えている人も多いでしょう。前作と比較して、操作性も良くなり、エネルギーの要素も取り入れ、間違いなく名作です



インセクターX ファミコン
2004/8/31 更新:インセクターX
90年に発売された虫取りゲーム。しかし、中身は普通のシューティングゲームです。というか、つまらんです。MDの方は結構有名ですが、FCの方は覚える必要もないくらいつまらんです。何で買ったのかなぁ・・・



うる星やつら ファミコン

2004/2/8 更新:うる星やつら
うる星やつらといえば、かつて大人気を誇ったアニメです。映画などでも独特のシュール感覚を堪能させてくれましたが、ゲームではさらにシュールな気分にさせてくれます。というか、原作を知らないヒトはまったくわからんだろ、コレ。



ウルトラマン スーパーファミコン
2004/1/27 更新:ウルトラマン
日本人で知らないヒトはいないと思えるほど国民的な人気を誇るウルトラマン。それがアクションゲームとなって帰ってきました。ゲーム自体の質はさほど高くないですが、ウルトラマンの世界を非常にうまく表現しています。残り時間が1分を切ったときのあの曲は感動モノなんですよ。


ヴォルガード2 ファミコン
2004/2/11 更新:ヴォルガード2
これってマイナーゲームではないですね。一部には熱狂的なファンのいる有名シューティング。でも私の中ではマイナーなんです。私が初めて触ったのはPC版でした。そのときの感動が忘れられずにFC版を購入することになったのです。



エクセリオン ファミコン
2004/8/23 更新:エクセリオン
ファミコン黎明期に発売された本格派シューティングゲームです。この時期に発売されたゲームとして驚くべきなのが「慣性」を取り入れていること。そのため、独特の動きに慣れるまではゲームオーバーの連続でした。ゼビウスとは違う方向のシューティングゲームとしてはパイオニア的存在です。



ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :SDガンダム-ガチャポン戦士2 カプセル戦記
ファミコンゲームの中でも最も好きなゲームのひとつです。前作はディスクカードのため、相手の思考時間が異常に長かったのですが、今作では大幅に短縮されているので、まったくストレスを感じないです。登場MSも大幅に増しており、カートリッジの髄まで楽しめます。


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :SDガンダム-ガチャポン戦士3 英雄戦記
前作「カプセル戦記」では、シミュレーション&アクションバトルの組み合わせでしたが、今作の戦闘は完全オートのRPG形式となっています。カプセル戦記と同じ作品のつもりで正月に購入し、絶望のどん底に突き落とされた記憶が鮮明に残っています。


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :SDガンダム-ガチャポン戦士4 ニュータイプストーリー
英雄戦記と基本的なシステムは変わっていません。それだけに、前作を毛嫌いしている人には死ぬほどつまらないゲームです。システム面では、複数軍入り乱れの戦いが楽しめるのがいいところ。やっぱりタイマン勝負より、多人数勝負の方がおもしろいですね。


ファミコン
2004/9/25 更新:SDガンダム-ガチャポン戦士5 バトルオブユニバーサルセンチュリー
英雄戦記以後の作品の中で、もっとも完成度の高い作品です。軍団制を取り入れ、拠点攻略の概念も導入しているため、今やり直すと、ギレンの野望ファミコン版と思えてしまうほど。ファミコン最後のガチャポンシリーズです。



ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語
当時大ヒットしていたナイトガンダムのファミコンゲームです。ドラゴンクエストVをSDガンダムでやったらこうなるよ、的な作品でありましたが、各キャラクタの個性が生かされている良作。カードダスの要素も取り入れており、目の付け所もいいですが、ゲームバランスにやや難あり。ラクロアを守るため、サタンガンダムを倒せ!


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士
ナイトガンダム物語の続編。各章ごとに主人公が異なり、最終章で全員終結します。ドラゴンクエスト4を参考にした(パクッた)んだろうなぁと思わせる出来です。今回もカードダスが登場しています。1枚20Gという設定で、実際のカードダスが1枚20円という価格と合わせている点に、ちょっと感動。


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語3 伝説の騎士団
今回の主人公はクラウンナイト。キングガンダムの息子にあたります。戦闘中のセリフが臨場感を出しています。円卓の騎士が全員仲間になるので、途中からパーティが二手に分かれます。これまでの作風とは若干異なっているので、好き嫌いは分かれるところかも。私は好きです。


エッガーランド ファミコン
2004/4/16 更新:エッガーランド
コメント作成中です。とりあえず攻略優先で進めてます。
手抜きですが全面制覇目指しております。



EDONO牙 スーパーファミコン

2004/3/2 更新:EDONO牙
どうやら2050年にはEDO(おそらく東京)はとんでもないことになっているようです。かなり無茶のある設定ですが、ゲーム内容もそれに勝るとも劣らない仕上がりとなっています。興味本位でゲームを買うと後悔するという良い例でした・・・・・



_カ行で始まるゲーム


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :ガーディック外伝
ガルフォースのような縦スクロールのシューティングと、ゼルダの伝説のような横RPGが組み合わさったゲームです。オドロオドロシイ雰囲気そのままに、怪しい姿の敵しかいません。こういう雰囲気のゲームをやっていると気が滅入ってくるのは私だけですか?なんだかスーパースターフォースみたいな展開です


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :ガーフィールド
なんだか間の抜けたネコが主役ですが、実は全世界にファンを持つ世界一有名なネコ(映画にもなってます)。ストーリーは、ドラ猫軍団「鉄の爪」にさらわれた親友の犬を探すというものですが、正直、やる気にもなれないゲーム性です。これじゃQ太郎のワンワンパニックの方が100倍マシ。


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :カイの冒険
敵に攻撃ができません。ジャンプをすれば、人間とは思えない滞空時間です。そんな状態でドルアーガの塔を100階まで上らなければならないのですが、上ったら上ったで、最終的には不憫な結果となってます。ナムコのブランドで出したはいいが、ハシにもボウにもかからないですよ、もうお腹一杯。


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :カオスワールド
魔王を倒すため頑張るというありがちなストーリー。戦闘シーンが涙を誘うダメ加減です。フィールドはFFっぽくていい感じなんですけどね。私は宿屋でセーブできると気づくまで1時間かかりました。



ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :カケフ君のジャンプ天国
所ジョージの番組で人気を博した「カケフ君」がゲームになりました。意外にも難易度は高く、スピード感あふれるアクションゲームに仕上がってます。ビック東海にしてはまともな作品。そういえば、相棒のマシタコノミちゃんはどこにいっちゃたんでしょうね。


ファミコン
リンク先参照(レビュー作成中) :かってにシロクマ 森を救えの巻
原作は同名漫画の「かってにシロクマ」。すっとぼけたシロクマのキャラクターはゲームでも健在です。「うんこしろ」のコマンドは伝説となって久しいですが、何度選択しても不条理感が味わえます。ようするに、クソゲー。



キテレツ大百科 ファミコン

2004/2/24 更新:キテレツ大百科
藤子不二雄作品がFCで製作されたことはこれまでもありましたが、今まで(カルトな意味ではなく)純粋に面白かったゲームが一作でもあったでしょうか? 毛が三本しかり、ドラ猫しかり、もちろんキテレツも例外ではありません。



幻獣旅団 スーパーファミコン
2004/10/13 更新:幻獣旅団
察しの通りこのゲームをやったことのある人はとても少ないはずです。でも、コイツは稀に見る良質ゲームでして、私の中の評価ではタクティクスオウガを凌いでおります。



COTTON100% ファミコン

2004/1/9 更新:コットン100%
このゲーム画面からシューティングゲームを思い浮かべる猛者どもは何人いるでしょうか。ぷよぷよに出てくるアルル・ナジャを彷彿させるこのキャラクター、まさにそのまんま。しかししかし、侮るなかれ。ゲーム性はしっかりしているのです、ゲーム性だけ。その分、ストーリーは間抜け度抜群。それでは楽しませてもらいましょう。

コンバットライブズ スーパーファミコン
2004/1/4 更新:コンバットライブズ
SFCのストリートアクションモノといえば、誰でも真っ先に思いつくのが「ファイナルファイト」、FCも含めれば「双載龍(ダブルドラゴン)」も有名ですよね。そんな名作の尻馬に乗るようなゲームがこの「コンバットライブズ」。




_サ行で始まるゲーム


スウィートホーム ファミコン
2004/1/24 更新:スウィートホーム
スウィートホームという映画を知っているヒトはどれだけいるでしょうか。名前とは裏腹のとても恐ろしい映画です。幽霊屋敷に閉じ込められた一行が脱出するまでの物語ですが、これがファミコン上で再現されています。



スカイキッド スーパーファミコン

2004/3/17 更新:スカイキッド
1986年にナムコから発売されました。スカイキッドの主人公はトリさんです。トリのくせに飛行機に乗ってます。自分で飛べって。タイトルにあるBARON、MAXというのは彼らの名前なんです。赤はBARON、青はMAX。おそらく日本中に散らばっている彼らはほとんどが兄弟喧嘩の犠牲になったに違いありません。


スーパーワギャンランド スーパーファミコン

2004/2/29 更新:スーパーワギャンランド
このゲームの醍醐味がクイズ。各面の最後にはボスが待ち構えており、様々なクイズを競い合って勝つことができれば仲間を救出&先に進めるのです。モードは「オコサマ」「ノーマル」「カミサマ」とあり、カミサマコースでは序盤から手強いクイズ合戦が楽しめます。今回はカミサマコースでチャレンジしました。



_タ行で始まるゲーム


トランスフォーマーコンボイの謎 ファミコン
2004/4/15 更新:トランスフォーマー コンボイの謎
1980年代後半といえばトランスフォーマー全盛期でしたね。エンディング主題歌とか完璧に暗記してしまうほどにハマっていた覚えがあります。そんなトランスフォーマーの人気に便乗して発売されたのがこのゲーム。

もはや何も言うまい、むしろその目で確認してください・・・・・


_ナ行で始まるゲーム


なるほど!ザ・ワールド スーパーファミコン
2004/1/24 更新:なるほど・ザ・ワールド
80年代から90年代前半までフジテレビの看板クイズ番組と言えば、誰もがこの名を口にするでしょう。それほどの人気クイズ番組が満を侍してついにゲーム界に登場しました。しかし、今まで実物が面白かったモノに限ってゲームはつまらない、というのがこの業界の定説でもありました。このゲームはどんな感動を与えてくれるのでしょう、ドキドキ(嫌味)。


_ハ行で始まるゲーム


バギーホッパー ファミコン
2004/6/7 更新:バギーホッパー
データイーストといえば個性派メーカーとして有名ですが、ファミコン興隆期にはこんなゲームも作っていたんです。バギーホッパーと聞いてピンと来るヒトはどれくらいいるでしょうか。




_マ行で始まるゲーム


メタルマックス リターンズ スーパーファミコン

2004/6/6 更新:メタルマックスリターンズ
メタルマックス(FC)というゲームが世に生み出されてから既に13年が経とうとしています。あの当時、RPGといえば剣と魔法の世界が常識でした。しかし、業界の風雲児データイーストがその殻を破り、剣と魔法の代わりに鉄と火薬が席巻する世界を作り上げたのです。


メトロクロス ファミコン
2004/5/10 更新:メトロクロス
ゴールを目指してただひたすらに走る。単純であるがゆえに奥が深いんです。しかもコンティニューなしという漢(おとこ)っぷり。当時は不思議なほどに熱中してました。他に遊ぶゲームがなかっただけかもしれませんが。




_ヤ行で始まるゲーム




2004/5/10 更新:なし
なし。




_ラ行で始まるゲーム


ラグランジュポイント ファミコン

2004/9/20 更新:ラグランジュポイント
いまいち知名度に欠けるゲームですが、音楽はレベッカの土橋・高橋氏、作画に漫画家の細野氏などを迎え入れての開発。ROMに専用音源チップを積み、ファミコンにありながら初めてのFM音源搭載ゲームということもあり、これがファミコンなのか!?と驚く仕上がりです。ファミマガ編集部・コナミの総力を結集したとあって、ファミコンRPG最高の品質といっても過言ではないでしょう。

ルート16ターボ スーパーファミコン

2004/1/25 更新:ルート16ターボ
ファミコンが発売されてから数年、いまだ黎明期のこの時期にサン電子はとてつもないゲームを開発してしまいました。それがこのルート16ターボ、サン電子三部作(スーパーアラビアン、ルート16ターボ、いっき)の中核をなす作品です。




_ワ行で始まるゲーム




2004/xx/xx 更新:なし
なし。



_最新ゲーム


第3次スーパーロボット大戦α

2005/8/8 更新:スーパーロボット大戦J
GBA版最新作のスパロボです。ついにテッカマンブレードが参戦することになりました。ガンダムSEEDにガンダムがわらわら出てくるように、テッカマンシリーズもわらわら出てくるのでしょうか。ちなみにフルメタルパニックも参戦します。いったいどうやって絡むんだ!?


第3次スーパーロボット大戦α
2005/8/8 更新:第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
ついにスーパーロボット大戦αが完結します。かつてないほどの壮大なストーリーをどうやって手仕舞いするのか、寺田さんの力を見せてもらおうじゃないですか。登場作品数も過去最大級ということで、なんとセガからバーチャロンが参戦しています。これはもうやるしかない!


スーパーロボット大戦OG2


2005/2/25 更新:スーパーロボット大戦 Original Generation 2
前作OG2はスパロボシリーズのオリジナルキャラクターのみを集めた物語でしたが、これはその続編です。今度は第2次スパロボαのキャラクターも加わってさらに盛り上がること請け合いです。前作同様、武器の持ち替えシステムも健在ですよ!





2004/1/30 更新:ファイアーエムブレム聖魔の光石
ファイアーエムブレムファン待望の新作がGBAで登場です。このシリーズ、難易度が高いながらも操作性に優れているので、初めて触る人でも抵抗なく世界に溶け込むことがいいですね。今回はEXマップと分岐クラスチェンジがキーワードになっています。



PS
2005/12/30 更新:キングダムハーツ2
キングダムハーツの続編が登場です。このシリーズはスクウェアエニックスとディズニーの合作でして、ここまでディズニーのキャラクターがうまく使われているゲームは初めてじゃないかなと思います。そういえば、昔ファミコンでミッキーのアクションゲームがあったなあ。



PS
2005/12/30 更新:ドラゴンクエスト8 少年ヤンガスと不思議のダンジョン
ドラゴンクエスト8から飛び出したヤンガスの少年時代がメインです。昔、トルネコシリーズが同じような不思議のダンジョンシリーズになりましたが、今作は従来の不思議シリーズとは異なるデザインになる模様。いったいどんな世界になるのでしょうか?



PS
スーパーロボット大戦W
シナリオは2部構成の完全新作で、過去の携帯機作品を超える大ボリューム!ゲームボーイアドバンスでは表現仕切れなかった数々の演出がスパロボファンはもちろん、新規ユーザーをも魅了!

※各画像の著作権は全て販売元/開発元に属するものであり、著作権元からの指導には全て従うことをご了承下さい。





>>前に戻る >>スポンサー1 >>スポンサー2 >>スポンサー3


出産準備愛犬情報